2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【「ピンチなし、プレッシャーなしで気持ちよくプレーできました」と暫定7位タイの葭葉ルミ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe/JGA
女子ツアーきっての飛ばし屋・葭葉ルミが好スタートを切った。4バーディ・ノーボギーの68。実際は、これ以外にもバーディチャンスはもっとあった。
「4バーディは、みんな2メートル以内でした。4~5メートルのチャンスや、パー5でグリーンエッジ近くからのアプローチミスなどの取りこぼしがなければ、満点だったのですが…」。

ちょっと口惜しがったあとは、冷静にコースとの相性の良さを口にした。
「フェアウェイが広く、伸び伸びと打てる。ティーショットで注意しなければならないのはフェアウェイバンカーに入れないこと。その心配のあるホールは、3番ウッドで(バンカーまで)届かないところに打っていきました。パー
ホールアウト風景
5も2オンを狙えるホールがあり、自分向きだと思っていました。だから、逃したチャンスはあっても、プレッシャーはなく、ピンチもありませんでした」。

フェアウェイにロングドライブを放ち、ピッチングウェッジや9番アイアンで狙うショットはピンに絡む。それが気持ちよかったということの中身だ。コースから自宅は近く、通っている。そんなこともプレッシャーなしのラウンドに繋がっているようだ。
第1ラウンドは、止まりやすいグリーン状態で、葭葉が考えていた以上の好スコアをマークする選手が相次いだ。速報でそれを確認した葭葉は、ちょっと表情を変え「やっぱり、取りこぼしホールがあっては、ダメですね。この後、パッティングを修正します。ボールの転がりが、あまり良くなくて、カップに蹴られたり、最後で切れてしまったりしたホールがありましたから。絶好のグリーン状態で、転がりのよいボールをラインに乗せられれば、カップに落ちていってくれる。しっかりとスクウェアに芯でヒットできれば、スコアも伸びると思います」
葭葉は第2ラウンド以降も、相性の良いコースでさらなる飛躍を心に期していた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約