2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【暫定5位タイに浮上の有村智恵は「伸ばし合いに負けないように」と攻めのプレーを誓う】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
この日の早朝、6時45分からプレーが再開した第1ラウンドの残りホールを消化して、その後、第2ラウンドに臨んだ有村智恵。結果、第1ラウンドが、71。そして第2ラウンドが、67。通算6アンダーパーで、暫定5位タイにつけた。ホールアウトして囲み取材を始めると、ちょっと悔しそうな表情だった。「やっぱりファーストラウンドで(スコアを)伸ばせなかったので、それがちょっと……。昨日の雨から好天になって、本来、今朝の残りホールでもう少しバーディを獲りたかったです。ですから、第2ラウンドは、最低限、ここまではアンダーパーで回らないと、上位に食い込めないというギリギリのラインだと思います」という有村の言葉には、必
死さを感じた。

「例年の女子オープンとは、かけ離れたコースセッティグだと思います。それまでは、なんとか耐えて耐えてボギーを叩かないで、というイメージでしたけど、今年は、バーディをとれるだけとっていかないと置いて行かれそうですからね。そういうプレッシャーは、あります。いつもは、パーを獲らないといけない、ボギーのプレッシャーがありますけどね。そこがいちばん難しいところです」。
ただ、有村のゴルフの調子は、上向きである。上向きだからこそ、前へ前へ、バーディへ、という気持ちが強いのだろう。「確かに、ピンを攻めれるだけの調子がいいと思います。ショットもいい感じですし、パッティングも、下りのラインに自信がついていますしね。まあ、3日目、4日目は、ホールロケーションがもっと振られるだろうし、グリーンコンディションにもよるけれど、しっかりと対応していきたいと思います」と語った。

有村のイメージは、残り2ラウンドも、バーディ合戦が続くだろうと感じている。だから「伸ばし合いに負けないようについていきます」という言葉で締めくくった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約