2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【畑岡は「自分は自分のゴルフを貫きたい」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
通算9アンダーパーで第3ラウンドを迎えた畑岡奈紗は、スタート前にキャディとの会話で「(4日間)20アンダーパーを目指そう」と言われ、この日「通算15アンダーパー」と目標設定してスタートした。結果的には、第3ラウンドを68で周り、通算13アンダーパーで単独首位となって最終ラウンドを迎えることになった。「自分のゴルフスタイルは、ショットで攻めてバーディを獲っていくタイプだと思うんです。そのショットの調子が良くなってきているので、ここ3日間は、思い切って振り切れていると思います」という。畑岡は、少しスウィングの修正をしてやってきた。トップの位置を高く、なおかつあまり捻転しすぎないように振ることで、ビ
ッグキャリーも生まれ、安定感がでたのだという。

「今日は、前半は、いい流れで来ていたんです。でも、後半が、自分では、後半にチャンスホールが多いと思っているのですが、そのチャンスホールで取りこぼしがあったので、それが悔いが残ります」という。確かに、1番から3連続バーディ、4番でボギーのあとも、8、9番とバーディを奪って32で折り返した。ところが後半に入って、なかなかバーディが獲れずにいた。12番ではボギー。ようやくバーディが獲れたのは17番だった。「(後半で)ミスしたところは、ほんの少しのタイミングの誤差だと思うので、しっかりと修正したいと思います」それが顕著に出たのが、16番(184ヤード、パー3)。今日のホールロケーションは、グリーン手前から8ヤード、左から4ヤード。そのエッジギリギリに切ってあって、さらにその右に大きなバンカーがある。畑岡は、5番アイアンを手にして、ピンに向かって打った。それがほんの僅かに左に逸れてバンカーの奥のフチのラフ。
「(自分が去年よりも成長したのかな、と思うことは)こういう場面で、ナイスパーを拾えるようになったことだと思います。18番にしても、3打目をアプローチで1メートルぐらいに寄せてパーを拾えましたしね。3日間終えて、ボギーを3つに抑えられたことも、そうだと思います」と語った。畑岡は、USLPGAツアーで戦っていて、決して満足のいく成績を残せていなかった。むしろ苦悩の日々を送っていた。「うまくいかない(自分)を、乗り越えつつあると思う。それが(去年よりも)強くなっているのかな」と噛み締めながら言った。

本大会で、54ホールの通算13アンダーパーは、新記録である。「そうなんですか。でも、明日は明日の目標設定をして戦います。1日1日、しっかりと目標設定してやろうと思っています。人のスコアが頭によぎることがあるかもしれませんけど、自分は自分のゴルフを貫き通したいです。2打は、あってないようなものですからね。それで他の人が勝てば、それはそれで仕方のないと思います。自分の目標設定を、クリアしたい、ということだけを考えます」と言った。もし畑岡が優勝すれば、樋口久子(1971年に4連覇、1977年に2連覇)以来の連覇になる。また2週連続優勝と大会連覇を同時達成したのは(1988年ツアー制度施行後)アン・ソンジュ(2012年達成)に次いで史上2人目、日本人選手初の快挙になる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約