2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【いったんはトップに並ぶもキム ヘリムは2打差の2位タイで最終ラウンドの最終組直接対決に臨む】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
15番(パー5)で第3打をピン近くに寄せるバーディを奪ったキム ヘリムは、この時点で通算12アンダーパーとし、同じ組でプレーする畑岡奈紗と並んだ。このトップタイは、続く16番(パー3)のボギーで消滅してしまうから、ほんの短い時間のポジションでしかなかった。さらに17番(パー5)では第2打を右林の中に曲げ、ピンチを招く。

カート道を転がったボールは、救済措置でドロップしたものの、そこからの第3打は前方に張り出す木の枝に当たって、深いラフに。第4打のアプローチショットをピン手前2メートル弱に寄せて辛くもパーでしのいだ。
実は、このあたりでキムは体に違和感を覚えていたという。

「後半に
入ってから体力的に疲れを感じるようになり、(スウィングが)上手くいかなくなってきました。背中に張りが出て、タイミングも合わなくなってしまいました。17番は、パーセーブできて本当によかった。あれで、まだ優勝を狙えるポジションに自分を置けた」

ホールアウトすると、キムは早々にクラブハウスをあとにした。「今日は、早く帰って疲れをとるようにしたい。明日、最善を尽くせるようにします」。

最終ラウンドは、最終組で畑岡との直接対決となる。その畑岡の印象をキムは、こう語った。「日本の選手は、あんまり飛ばないイメージがありましたが、畑岡選手は飛距離が出るし、パワフルです。ショットも正確です。良いプレーでの戦いにしたいです」。
さて、最終ラウンド最終組での日韓対決の結末は、いかに―。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約