2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【4位タイの鈴木愛は「ショットをもう少し調整できればチャンス」と逆転優勝を狙う】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
鈴木愛は、この日本女子オープンにことのほか思い入れがある。それは初出場の2014年大会で、第3ラウンドを終えて通算8アンダーパーで首位タイとなり、最終ラウンドも優勝争いの熱戦を繰り広げた。

残念ながら、5位に留まったが、鈴木愛という名前を全国区にした大会だった。しかも「初めて出た試合で、それ(活躍)がきっかけで、特別協賛している日本化成さんとスポンサー契約をさせてもらいました」という。

早朝に第2ラウンドの残りホールを消化して、第3ラウンドに臨んだ。第2ラウンドの後半、17、18番でバーディをもぎ取り、67として通算6アンダーパーでスタートした。「朝早かったのと、練習の球数制限(2
4球)があって、うまく調整ができないままスタートしました。ドライバーもアイアンも右に飛んでいって、コースで気をつけようと思ってやっていました。

第2ラウンドが終わったあとの練習で、なんとか修正ができていたんですが、コースに出たら、やっぱりうまくいきませんでした」と言った。前半を1オーバーパーの37でターンした。そこで、ドライバーショットでも「ラインだしするように打ったら、なんとなく大振りがなくなってうまくいくようになりました」10番、12番、17番とバーディを奪って、後半は33の69で回って、通算9アンダーパー。4位タイにつけた。

「ショットの調子からすれば、ここまでよく来れたなと。でも、パッティングがこの感じなら、明日までもう少し修正できればチャンスがあると思います。まずはバーディチャンスを増やすことだと思っています。そこまで持っていければ……」と語る。そして最終ラウンドの心構えは「まずは自分のプレーに集中します。

そして自分よりいいプレーをした人がいれば、それはそれで仕方のないことだと思います」と、鈴木も首位との4打差を、ジワジワと追い詰めていき最終ホールまで粘り強く行きたいという気持ちでいっぱいだった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約