2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【全米女子オープン2位の新人チェ ヘジンが67で4位タイに浮上】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
チェ ヘジンといえば、アマチュアとして出場した今年の全米女子オープンで堂々の2位となり、世界の注目を集めた。昨年、畑岡奈紗がアマチュアで日本女子オープンを制したが、チェはもう少しで世界のメジャーを制覇するところだった。その後プロ転向し、特別承認で臨んだ日本女子オープンであった。第1ラウンドは68と好スタートを切ったものの、第2ラウンドは、72と伸び悩んだ。チェは、第2ラウンドを振り返って、こんなことを言っていた。
「昨日はミスが重なり、今日プレーした第2ラウンドの残りホールもミスが多かったので、落ち込みました」。
それを救ってくれたのは、第3ラウンドで同じ組でのプレーとなったチョン インジ
だったという。「韓国語で話せることで、平常心を取り戻せたし、美味しい店や、お勧めのご飯など、ラウンド中にいろいろ教えてもらいました。おかげで、本来の自分のゴルフができました」。

技術的には高いレベルに達している。低い弾道でラインを出し、ランで距離を稼ぐショットを放ったかと思えば、スピンを効かせた高弾道のショットで狙ったところにピタリと止めたり…。アプローチショットも多彩な技を自分の引き出しに入れている。3、4番と連続バーディにして前半は34。後半にターンしても10、14、18番と3バーディを加え5バーディ・ノーボギーという安定したラウンドであった。
「ちょっと残念だったのは、後半の2つのパー5でバーディをとれなかったこと。それが決められれば、ほぼ満点だったのですが、それは、明日に残しておくことにします。今朝は落ち込んでいましたが、今は、たくさんのギャラリーの皆さんに良い試合をお見せして帰りたいと思っています」

チェ ヘジンは、最終ラウンドこそ世界基準のゴルフを展開させるつもりでいる。チョン インジに続く初出場初優勝の栄誉をつかめるか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約