2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【鈴木愛はパットを決められず4位に終わる】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
通算10アンダーパーで4位となった鈴木愛は「もう少し伸ばせる内容のゴルフだった」と唇を噛んだ。「全体的には、4日間通して、今日がいちばんよかったラウンドでした。でも、前半はパットがなかなか入らなくて『あれ?入らないの?』と思うようなパットが、4、5回あったんです。打ち方もよく、タッチも合っていたのに……。もっと入っていいパットがたくさんありました。まあ、うまく打っても入らないときもあるので、運もなかったのだと思います」。

ボギーが先行した。4番(パー3)である。その前後も含めてバーディチャンスをいくつも逃していたのだという。後半になって、ようやく10、15番とバーディがとれたけれど、ほん
にんは、当然満足のいくスコアではない。「5、6アンダーパーは伸ばせる内容だったと思います。いいゴルフをしてバーディが少なかったのはちょっと残念でしたけど、今後につながる内容だったと思います」畑岡奈紗が、ひとりだけスコアを伸ばしていく展開。「女子オープらしくない展開でしたね。ここまでスコアが出るとは思っていませんでした。途中で、私以上に奈紗ちゃんが入っているんだろうなと思っていました」と振り返る。

この大会で、鈴木の不安は、ショットにあった。どうしてもショットが不安定になっていた。「カップの位置が、右3とか左3とか多くて、これはショットに自信を持っていないと打てないポジション。そこをセーフティに行くしかなければ、なかなかチャンスは巡ってきませんよね」と、ショットの精度が不安定な鈴木には、ピンを狙う不安感が、そのまま勝者とのストローク差となったのかもしれない。「それにしても(奈紗ちゃん)羨ましい。なかなか2年連続で勝てないし。2週連続も。いいなぁと思います。すべてが揃っていないと勝てないと思います」と、まるで自分自身に言い聞かせるように語っていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約