2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【3打差4位タイのイ ナリは「今日のプレーには90点をあげたい」】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
第1ラウンドを68の4アンダーパー、4位タイにつけたイ ナリはスタート前に、「(コースの全長)距離が長いので、攻めるよりはボギーをあんまり打たないようにという作戦」をたてた。結果的に、13番でのボギーひとつ。それ以上に、バーディが5つ(6、7、12、17、18番)という内容のゴルフだった。

「作戦通り上手くいったなと思います」と嬉しさを表した。ボギーを打たないゴルフは、言葉では簡単だけれど、戦いの中に入り込んでいると、そう簡単にはいかない。どうしても消極的になるからだ。攻撃は、最大の防御と言われるように、攻める、守るの機微、見極めも重要だからだ。丁寧に行こうというのは、恐る恐るではなく基
本に忠実に、あえて流れを壊さないで行くということなのかもしれない。
今季の彼女は、LPGAツアーが7試合出場して予選落ちが3回。アースモンダミンでの30位がベスト。そしてステップアップツアーが10試合。ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディースとSkyレディースABC杯での2位がベストの成績である。だからこの大会で、どうしてもいい成績を残しておきたいという強い気持ちがあった。だから、散漫な、無茶なゴルフをしないで、ケアレスミスのボギーを叩かないと徹底した。
「今日は、特にパッティングがよかったです。微妙なパーパットも入って、バーディチャンスも外さずにとれたのが、うまくいった原因だと思います。もちろん、ミスもありましたけど、自分が理解できるミスだったので、すぐに気持ちを切り替えて、次へ行こうとい気持ちになれたのが、いい流れをつくってくれたと思います」というイ ナリのベストシーズンは、2014年だった。賞金ランキングも8位となり、年間平均ストロークも71.197で、今季、これまでの73.25とは2ストローク以上の違いがある。

「まだ(残り)3日間あるし、メジャー大会だから、どうなるか解らないけれど、今日みたいな最高のプレーが毎日続くように、状態をキープしながらやっていきたいです」と語った。
「今日は気持ち的には、90点以上あげたい」と言うイ ナリに、明日からもまた90点以上の輝きを期待したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約