2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【2位タイの丹は「いいイメージのまま、これている」と好調を実感】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
丹萌乃は、切羽詰まった状況で、本選手権にやってきた。実は、今年のプロテストで1打足りずに不合格となった。4回目のテストだった。いま彼女は、ステップアップツアーの成績で這い上がろうとしている最中である。

「プロテストでは、パットが全然入らなくて、ラインは別としても、2〜3メートルをどれだけ真っ直ぐ打ち出せるかが大事だと思って、パターマット(練習)は、毎日やっています。今回も持ってきて(ホテルの)部屋でやってます。2メートルちょっとのマットなんですけど、お風呂から出たら寝る前にミラーをおいて30分ぐらいかな。プロテストのときには、それを持っていかなくて……それから持って行くようにしています」
という努力もしている。

第1ラウンドで69。そして今日が68。畑岡奈紗らと並んで首位と2打差の2位タイで折り返すことになった。
「(同週開催の)ステップ(アップツアー)の成績も気になるんですよ。ですから今日も帰ってから成績を見ます」と、来季の出場権をかけての綱渡りをしている。8月下旬の山陰合同銀行 Duoカードレディースで優勝し、賞金ランキングで現在4位。「あと2勝して1位になりたい」と意欲満々だ。「あれ(優勝)から、ショットもパットもいい感じでこれていて、先週も1打差で負けたけれど、いいイメージのまま(この大会に)これています」とゴルフは好調である。

6番で1メートル。7番で3メートル。9番で6メートル。そして15番で4メートルを入れてのバーディ。ボギーなしのラウンドは、素晴らしかった。パターマットの練習の成果がでているのだろう。

「(優勝への手応えは?)今日よりも、もっと伸ばさないと優勝は出来ないと思います。最低60台は必要で、スコアをあと10ストロークは伸ばす選手もいると思うので、そのつもりで頑張ります」と語った。もちろん天気次第ということもあるけれど、ゴルフの内調がいいだけに、意欲満々である。

残り36ホールの優勝争い。丹にとっては、人生が大きく変わる。「そうですね。まず優勝したら単年度(出場権)ではなくなるので、それは頭に入っています。明日は、緊張するでしょうけれど、まずこれからドライバーを修正することと、パッティングはいい感じなので、そのままいけたらなと思います。楽しみですよ」。

優勝争いは、ステップアップツアーで経験している。でもスケール感が違う。「でもゴルフやっていて、カットギリギリのところで、通るか通らないかのゴルフは、全然楽しくないけれど、やることは同じでも、(ステップでの優勝争いは)気分が全然違いました。ですから、上位(の優勝争いの中)にいたほうが、やる気もでていると思います。日本女子オープンは海外の選手も来ている。自分がどこまで行けるか試せる場所なので、楽しみです」と、切羽詰まった状況のほうが底力が出るタイプなのだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約