2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【暫定2位タイに浮上の堀川は「1打も無駄には出来ない」】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
堀川未来夢の第2ラウンドは、午前組、8時14分、10番からのスタートだった。前半は、13、17番で2ボギー。来週のZOZOチャンピオンシップの特別推薦が急に決まって「決まったからって、今週、予選で落ちるわけにはいかないと気が引き締まりましたね。そういう思いも含めて、2日間、1打も無駄にするわけにはいかない」と、モチベーションを高めていた。
「前半は、ずっと流れが悪くて、ボギー先行で苦しかったですけど、中断も含めて、僕がプレーしていたときには、いいタイミングで雨が止んだりして、そういう意味では、(悪天候の中でも比較的)天気に助けられたと思います」と言った。

後半、2番(パー3)でバーディ
。さらに4番でもバーディを奪って、通算イーブンパーで第2ラウンドを終えた。「目標は、毎日、毎日パープレーを目指してやっているんですけどね。あと、ダブルボギー以上を叩かないこと。それに気をつけてマネージメントしています。ですからティーショットがラフに入ったら、無理せずに、ボギーは仕方がない。でも、ダブルボギー以上にならないように攻めて、それが結構プラン通りに行きました」と納得のプレーだった。「いま、(堀川がホールアウト時点での)暫定5位?通算1オーバーパーで5位(サスペンデッド決定時で暫定7位タイ)というのは、思ったよりも上位なので、結構チャンスがある位置。でも、あまり欲をかいたらすぐにボギーを打つコースなので、今日もピンを狙ったのは、2回ぐらいしかなくて、本当に、どっちに外すかということだけ考えてプレーしていました」と戦略を語った。それはグリーンを4分割して、左上、右上、左下、右下と決めて、デッドに攻めずに、どこを狙っていくかを決めてグリーンを攻めて行ったという。

「もちろん、決勝ラウンドも、その攻め方で行きたいと思います」と言った堀川の戦略をやり通せるかが鍵になるかも知れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約