2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【最終ホールの3パットを悔やむも、今平周吾は「今日は頑張れたかな…」】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
雨の中をスタートしていった今平周吾には、ずるずると後退していく気配があった。ドライバーショットが不安定で、ラフに打ち込むホールが続いた。11、14、15番。ボギーが先行して、6ホールを終えたところで通算3オーバーパーにまでスコアを崩していた。「雨でドライバーのインパクトでボールが滑ってしまって…」ラウンド中に表情を変えることのない今平も、さすがに顔を曇らせた。
今平らしいキレのあるショットが蘇ったのは、16番(パー5)からだった。1、2打目ともフェアウェイをとらえた後、第3打を絶好の位置に乗せてパットを決めた。続く距離の長いパー3では、ユーティリティー3番でピン横2メートルに、ピタリと止めた
。このクラブからは、後半にターンしての2番(パー3)でもファインショットが生まれた。ここも4メートルほどにつけて、バーディを奪った。これで、15番までの3ボギーの分を全て取り返し、スタート時点のイーブンパーに戻した。「3オーバーまでいっていたから、そこからの挽回もあって、自分としては頑張れた長い1日だった(雨で2度の中断があった)と思います」。

その頑張りへの分岐点は、どこにあったのだろう。このコースを練習ラウンドでプレーしたときのことを思い出したという。「難しいコースでスコアをまとめていくには、何が必要なのか。自分なりに答えは出していたつもりだった」という。その答えとは「ホールによって、攻め方、守り方が幾通りもあります。その中で、ひとつに決めていく。そして、決めたら躊躇しないこと。迷ったままでは、どう打っても、すぐボギーになってしまう。違う攻め方の方がよかったのではないか…なんて、後ろ向きにもなる。決めてやったら、結果に振り回されず、受け止めて次に進んでいくことが大切だ」というものであった。

この思い切りの良さが、今平の第2ラウンドのゴルフを蘇らせた。4番をボギーにしたものの、6、7番を連続バーディにして通算1アンダーパー。最終9番ホールも2オンさせて、アンダーパーのままホールアウトするか。そんな流れを感じさせたが、ファーストパットを1メートルほどに寄せた後のパーパットをはずしてしまった。「短いので油断したわけではなかったのですが、思ったよりも切れるラインでした。ま、悔やまれるボギーにはなりましたが、全体のゴルフで考えるなら、頑張れたと思います」。残る2日間も欲張らずに、パーを基準にしての組み立てで難コースに対峙していくと、いつもの穏やかな表情に戻って淡々と語った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約