2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【市原弘大は第4日に向けて「欲をかかず、静かに」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
コースからクラブハウスに戻ってくる入り口の脇に、もうひとつ小さな出入り口がある。雑踏を避けるように、スルスルッとくぐり抜けて、一目散に風呂場に走った選手がいた、市原弘大もそのひとりだった。市原は、第2ラウンドを前日のうちに消化して、この日は14時20分スタート。最終組の3つ前でスタートした。
2番、4番とボギーを叩いた。「今日は、ショットの感じがよくなかったんです。特に、ドライバーですね。スタート前の練習場で、ボールが右に、左にと曲がる球がでて、ちょっと手こずるだろうなと。ですから、ひとつの曲がりを決めて、曲がってもいいという想定で、マネージメントしました。ともかく、ショートアイアンで拾いな
がらスコアをまとめるというラウンドでしたね。でも、7番でいいパーが拾えたんです。それからショットも少しずつ戻ってきて。あ、もうひとつ、9番でも、ナイスパーを拾えました。左の林に入れて、うまくリカバリーできてのナイスパーです」。

その2ホールが、市原にリズムを取り戻せるきっかけをつくってくれた。後半、10、11番と連続バーディが来たのだ。「10番は、3メートル。11番は5メートルでした。でも、13番をホールアウトしたときに、サスペンデッドになってしまいました」と言った。おそらく、その掴んだリズムのまま18番まで行きたかったのだろう。市原は、13番を終えた時点で通算2オーバーパー。塩見好輝とは、6打差がついている。けれども、このコースでは、なにが起こるか解らない。市原は、決して諦めてはいない。
「問題は、明日が、14番(パー4)から始まることなんですよ。僕にとっては、嫌なホールなんです。ですから、欲をかかず、静かに、静かにスタートできたらいいなと思っています。そうやって第3ラウンドの残り(5ホール)を消して、最終ラウンドに向かいたいですね」。

一目散に風呂場に走ったのは、なにもこの日だけのことではない。市原は、ヘルニアを患った経験がある。だから体のケアは、ひと一倍気をつけている。風呂で10分程度しっかりと湯船に使って、体をほぐし、そのあとにクールダウンも兼ねてフィジカルケアに入る。
「はい。朝も湯船に10分程度。終わってからも10分程度。両方ともフィジカルケアもします。それを10年ほど続けているのですが、有り難いことに、いまではヘルニアにもならなくなっています」と言った。

明日、第3ラウンドの残り5ホールを消化する市原の「欲をかかず、静かに静かに」というプレーを是非、見てみたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約