2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【8番のボギーも9番でバウンスバックした今平周吾が2位で追走】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
グリーン上で打つのは、ほとんどバーディパット。今平のゴルフは、相変わらず安定していた。そのバーディパットを決め切れないシーンも少なからずあったが、顔色を変えることはなかった。「このコースでは、とにかくパーをキープし続けることが大切で、波の無いスコアが優勝にもつながっていくと思っています。そういう意味では、ピンチらしいピンチがないというゴルフは、自分にとっての理想形です。安定したゴルフができているという実感があります」。

唯一ムッとした表情になったのが距離の長い8番(パー4)だった。ピンまで190ヤードというフェアウェイからの第2打が、わずかにグリーンをこぼれた。ボールは短く刈り込まれたエ
リアから、わずかにラフに入ったところに止まった。ピンまでは10ヤードほど。今平は躊躇せずロブショットでの寄せを狙い、絶妙のコントロールで1メートルほどにボールをポトリと落として見せた。ところが、妙技のあとに、取りこぼしがあった。パーパットをはずしたのだ。
悔しそうに唇を真一文字に結んで向かった続く9番ホール。ここでは、ピン左5メートルに2オンさせた後、この下りのフックラインを読み切ってボールをホールに落とし込んで見せた。これで第3ラウンドは1アンダーパーとして10番ホールを終えたところでサスペンデッドとなった。

第4日は、第3ラウンドの残りホールを消化した後、最終ラウンドということになる。「とにかく、最終ラウンドの前半9ホールまでは、いい位置をキープして、バックナインが勝負になると思います」今平の長い1日になる第4日への戦略は、すでに頭の中で整っているようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約