2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【第3ラウンドの10ホールを終えて単独トップの塩見は「このコースは僕向きかな」】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
塩見好輝の第3日は、5ホールを消化しただけでサスペンデッドとなった第2ラウンドの15番ホールから始まった。いきなり5メートルのバーディパットが決まった。続く16番(パー5)ではフェアウェイからの第3打を1メートルにつけての連続バーディを奪った。さらに18番でも第2打をまた1メートルに。後半にターンした1番でも、またまた1メートル。好ショットでバーディを量産した。快進撃は、ここまでだったが、あとはパーを続けて第2ラウンド終了時点で通算4アンダーパー。2位に3打差をつけて首位に立っていた。
「最初からウェットな状態だったので、ピンをデッドに狙っていっても止まってくれるだろうと思って、積極的に攻め
たのが良かったんだと思います」。

埼玉栄高校から東北福祉大学に進み、1学年上の藤本佳則や1学年下の松山英樹と学生ゴルフで活躍したあとプロ入りした。高校時代は3年生になったとき、今平周吾が入学してきた。第3ラウンドは、その今平と最終組で先輩・後輩の対決となった。後輩の印象は、強烈だったという。「ショットもパッティングも滅茶滅茶上手かったです。特にパッティングは、今よりももっと上手かったのではないかと思います」。今平は、その後中退して渡米したので、あとはプロになってからの邂逅となる。「プロになってからは、後輩という感覚ではなく、格上の存在になっていました」ということで、同組になった第3ラウンドでは「彼は、絶対に追い上げてくるだろうと思っていました」。

確かに3番(パー5)で今平はバーディを奪い、4打差を3打差に詰めてきた。それでも、塩見はパーをキープし続けた。最大のピンチかと思われた2番では5メートル近いパーパットを沈め、第3打をバンカーに打ち込んだ3番では、そこからピタリと寄せてパーをセーブした。「このコースは僕向きかな…って思っているんです。僕は、ゴルフが悪くなるとイライラして自滅することが多いんです。何度も痛い目にあっています。でも、このコースでは、ボギーを打っても、普通に起こることなので、イライラすることがありません。だから、いいんじゃないですかね」。

第3ラウンドの9番ホールで、フェアウェイをとらえたティーショット。残りはピンまで125ヤード。「大好きな距離でした」。48度のウェッジでピンの根元を狙った。1メートル弱。ピタッと止まった。陽が落ち始めた10番では「ラインが読み切れずに」ボギーを叩いたが、スタート時の津産4アンダーパーを守り切り、単独首位のままサスペンデッドとなった。
明日の第4日も、長い1日になる。今平との同組対決の延長、さらに最終ラウンドへと続く。

「追い詰められるのはわかっていますから、僕は必死に逃げます」。プロ初優勝が、日本オープンというビッグタイトル。夢ではなくなった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約