2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【通算+1でC・キム選手が涙の逆転初優勝を飾る】
第4日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
優勝 C・キム
ローアマチュア
桂川有人、J・トンプソン、石坂友宏
2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権は20日、第3ラウンドの残りと第4ラウンドを行った。
7時50分に再開した第3ラウンドを終えて、通算3アンダーパーで初優勝に前進した塩見好輝。最終ラウンドも緊張の中で前半を2バーディ・2ボギーで凌ぐと、後半はティーショットが左右にぶれてピンチの連続。しかし、これを神がかり的なショートゲームでしのぎ、13番(パー3)のバーディで初優勝に王手をかけたかと思われた。しかし、14番でダブルボギーを叩くと、15番でトリプルボギー、17番でも再びトリプルボギーを喫し優勝争いから脱落。変わって、4打差2位タイからスタートした堀川未来夢が16番を終えて通算イーブンパーと単独首位に立った。

その堀川に忍び寄ったのが、通算5オーバーパーの17位タイから最終ラウンドをスタートしたC・キム。キムは、前半で4バーディ・1ボギーと3つスコアを伸ばし優勝争いの一角に加わると、後半17番まで3バーディ・3ボギーとスコアを守る。キムは最終18番でこの日8つ目のバーディを決めて、この日67のベストスコアをマークして通算1オーバーパーで後続組を待つ。首位の堀川はこのままに義けるかと思われたが17番に続き18番もボギーで万事休す。10番ホールでプレーオフに備えて練習していたC・キムに嬉しい本選手権初優勝の吉報がもたらされた。

なお、ローアマチュアは通算9オーバーパーの23位タイでJ・トンプソン、石坂友宏、桂川有人の3人が分け合った。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約