2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【優勝争い同様、ローアマチュアも混迷の末に】
第4日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
@J・トンプソン
@石坂友宏
@桂川有人
優勝争いが混迷を極める中、ローアマチュア争いもそれと負けないくらいの混戦となった。
このローアマチュア争いをリードしていたのは、通算4オーバーパーで最終ラウンドをスタートした石坂友宏。石坂は、4番でダブルボギーを叩いたもののバウンスバックを決めるなど前半を2オーバーパーで凌ぐ。後半も1バーディ・1ボギーで必死のプレーを続ける中、石坂に忍び寄ったのが、4打差の30位タイスタートのJ・トンプソンと通算9オーバーパーで36位タイにつけていた桂川有人。石坂と同組でプレーをしていた桂川は、前半で4バーディ・2ボギーと2つスコアを伸ばすと12番もバーディで石阪を並走。一方のトンプソンも前半こそ4ボギーを叩いたが、1番(パー4)でチップインイーグルを決めて、ローアマチュア争いに加わってきた。

最終盤、一歩リードした桂川が14番でダブルボギーを喫すると、トンプソンはその後1つスコアを伸ばす。石坂は15番からの3連続ボギーと、ローアマチュアの行方は、想像がつかないほど混沌となっていった。それでも、桂川が2人に1打リードを保って迎えた最終ホール。このホールをパーで凌げばという場面で、桂川がアプローチをミスして痛恨のボギーフィニッシュ。これで、3人が通算9オーバーパーで並び、ローアマチュアを分け合うことになった。

それぞれが、「ローアマチュアを目標としてきた」という栄誉を分け合った3人。桂川は「最後はもったいないのがあったけれど、最終ラウンドでオーバーパーを叩かずに負えられたのは良かった。作年はセカンドアマに終わったので、今年こそはという気持ちでした」と、話すと、石坂は、「正直、悔しい気持ちが一番大きい。でも、この舞台に出場できたことが、自分としては大きな成長につながると思う」と、心情を吐露する。トンプソンは、「目標だったローアマチュアを獲れて、もちろん嬉しい。間違いなく自分の思い出に出来るし、これをきっかけに今後も活躍していきたい」と、胸を張る。

三者三様の思いはあるだろうが、ともにローアマチュアに贈られるボビー・ジョーンズ杯を手にした時には、この難攻不落の古賀ゴルフ・クラブで死闘を演じきった充実感と笑顔は、皆が同じだった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約