2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【堀川未来夢を捉えた一瞬の心のゆらぎ】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
堀川未来夢が、ちょうど17番(パー3)で第1打を打ち終えて、第2打地点にたどり着いたとき、グリーンサイドにあるリーダーボードの数字が入れ替わる音がした。塩見好輝が15番でトリプルボギーを叩いて、スコアを落としたらだった。堀川は、それを見て「あれ?」と思ったという。
堀川の17番の戦略は、パー3でありながら刻むと選択した。「いろいろ消去法というか、あれしかないという最高の位置に(第1打を)落としたんです。グリーン面を狙って落としたら絶対に(ボールが)止まらないので。手前50ヤードに7番アイアンで残すというのも考えたんですけど、やっぱり、あそこはグリーンを長く使えて、右手前のバンカーはOKで、左
手前のバンカーを消して、と消去法で考えてユーティリティー4番で打ちました」。

堀川の安全に攻めるという選択肢だった。17番のホールロケーションは、グリーン右奥手前から21ヤード。右から6ヤード。つまりグリーン右サイド、いっぱいいっぱいの奥にあった。ドローボールが持ち球の堀川にとっては、辛い位置だったのだろう。「攻め方としては、100点だと思います」と言った。ところが、心が揺らいだのが、自分と塩見が、首位で並んだという事実を知らされたことだった。その、わずかな心の動揺が、堀川のショットとパッティングにデリケートな変化があったのかも知れない。
カップ手前3メートル。それを外してボギー。
「(今日は)アプローチと、いやアプローチよりもパッティングが入ってくれていましたね」と堀川は言った。その言葉を裏付ける場面が、最終18番の第3打だった。第2打でグリーンに乗らずに手前のエッジ。そこからグリーンまでが上り、さらに21ヤード先にカップが切ってあった。ボール位置からおよそ30ヤードほどだった。
堀川が、選択したクラブは、パターだった。ところが4メートルほど短かった。長いパーパットを残した。入れればC・キムとのプレーオフにできる。堀川は、それを外した。1打足りずに2位タイとなった。

「いちばん自信のあるクラブ(パター)を選んだんです。安全策でもありましたから」と堀川が言った。「(このコースは)1ホールもサービスホールがなくて、パーを獲っていけば平均的に順位があがってくるというイメージで、ずっとパー5でもパーをとると決めていたんです。広い方へ広い方へと打っていったんです。それが功を奏してここまではこれたというのはあるんです」という堀川に、最後は勝利をもぎ取るというゴルフがあったら……と思う。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約