JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2005年度(第47回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技
更新 11/25 15:12
Match Round Match Player Status Player Hole
Final 31 山本 知佳 4 and 3 諸見里 しのぶ F
フルリーダーボード
第1日第2日第3日第4日第5日
DAY5[第5日]
 アッという間の大量リードだった。スタート直後の緊張感がただよう1番グリーン、山本の1㍍のパーパットが外れた。諸見里1アップ。3番パー5、手堅く5㍍のバーディーチャンスの諸見里の目の前でグリーン奥へ外... 詳細はこちら

【諸見里は3度目の決勝で悲願達成】
「ほっとしてます。満足。うれしい」素直に喜んだ。表彰式で一瞬、目頭を押さえるシーンもあったが、笑顔がはじけた。「(優勝するまで)4年かかった。正直、2回も決勝戦にいって勝てなかったけど自分では経験値は... 詳細はこちら
【負けて収穫、山本知佳】
「緊張していたんでしょうね。パットで手が動かなかった。リズムに乗りきれず焦りに変わってしまった」スタート直後の大量リードを引きずったまま、結局、取り返せなかった。「前半のハーフで自爆した」大会中、きら... 詳細はこちら
ページトップ
DAY4[第4日]
宮里美香が敗退した。マッチプレーの準決勝で2連覇を目指した宮里は山本知佳と対戦。前半リードしたが、中盤に逆転を許し2エンド1で敗れた。メダリストの山本知佳は好調を持続し、準々決勝で佐伯三貴を3エンド1... 詳細はこちら

【宮里美香が敗退。常勝伝説に幕おりる】
「口惜しい」というとまた涙がにじんだ。記者会見のプレスルーム。ホールアウト後、ロッカーで流した悔し涙は乾く暇がなかった。「最近、泣いたことがなかったので久しぶりです」宮里が敗れた。昨年、彗星のように現... 詳細はこちら
【3度目の正直。優勝なるか諸見里】
 諸見里は3回目の決勝進出の偉業。「4年間で3回。1回も勝ってないし、いばれませんよね」とおどけた。準々決勝のナショナルチームのチームメイト吉田との対戦が山場だった。7番ホールで7メートルのパーパット... 詳細はこちら
【ダークホース山本。勝てば8年ぶり大学生チャンピオン】
 「勢いに乗って優勝?緊張するだろうけど頑張ります」山本知佳に力みはない。クオリファイングラウンドで堂々のメダリスト。それも8アンダーパーの新記録。好調なショットは衰えを知らず、マッチプレーに入って連... 詳細はこちら
【準々決勝マッチ1 山本知佳 3エンド1 佐伯三貴】
 山本が1、2番と連取したが、5番ボギー。7番、佐伯のバーディーでオールスクウェア。インに入り山本は10、12番をバーディーで2アップ。17番のバーディーで突き放した。 詳細はこちら
【準々決勝マッチ2 宮里美香 3エンド1 豊福歩未】
 13番までは豊福が1アップと主導権を握る。宮里は14番、バーディーで追いつくと、豊福が15番をボギーとし宮里ペース。16番、バーディーで2アップ、17番パー3もバーディーで宮里が勝った。 詳細はこちら
【準々決勝マッチ3 小山恵利子 1アップ 中川亜美】
 小山が3、5、7番とバーディー、9番で中川がボギーでアッという間にリードが広がる。小山は10番もバーディーで5アップ。しかし、中川も13番、14番と連取、16,17も連取する粘りをみせて1ポイント差... 詳細はこちら
【準々決勝マッチ4 諸見里しのぶ 1アップ 吉田弓美子】
 吉田が3番をボギーとして諸見里がリード。6番、吉田バーディーで追いつく好ゲーム。膠着状態のまま迎えた15番。諸見里がバーディーを決め再びリード。吉田の粘りをかわした。  詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
 「アイアンの距離感とパットのストロークに悩んでいたが、ようやくいい感じです」宮里に感覚が戻ってきた。1回戦パープレーで同じ沖縄の照屋冷奈を5エンド3。2回戦は5バーディー、1ボギーの内容で豪州の留学... 詳細はこちら

【メダリストの山本は絶好調】
 「全部良い。2試合でフェアウェーを外したのは1回だけ。その上パットもいいのでゴルフが楽しい」予選を8アンダーパーのトップでクリアし、メダリストに輝いた山本知佳からはオーラが出ていた。それもそのはずで... 詳細はこちら
【殊勲、中川は16歳の苦労人】
 2回戦で有村を下した中川はクラーク国際高2年(兵庫県)。170センチ、60キロの大型選手。日本女子アマには中学1年以来5年連続出場しているが、マッチプレー進出は今回が初。それがベスト8まで進んで「ビ... 詳細はこちら
【金田久美子は1回戦で敗退】
金田久美子が1回戦でまさかの敗退。「ドライバーもアイアンショットも悪かった。パットで補わなければいけないのにパットも悪かった」と涙にくれた。沖学園高1年(福岡県)の相手は同じ高校を今年卒業したばかりの... 詳細はこちら
【選手コメント】プロトーナメントで優勝争いを演じた原江里菜はナショナルチームの同期吉田弓美子に惜敗
「疲れが出て集中力を欠いた。肝心の時のパットをミスした。口惜しい、ふがいない、でも、この経験を今後にいかさなくては」 詳細はこちら
【選手コメント】優勝候補の有村智恵が伏兵・中川亜美に破れる波乱
「亜美ちゃん、ものすごく強かった。5年間も頑張って今回初マッチプレー?強い人がたくさんでてきた。頑張ろう」 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
 メダリストは東北福祉大3年の山本知佳が獲得。前日2位のこの日、スタート直後の1番で3メートルのパットを沈めるバーディーで波に乗った。5、7番もバーディーとしインでも14、17番とバーディーを積み重ね... 詳細はこちら

【諸見里は初のタイトル目指して戦闘モードに】
 さあ、タイトル取り。諸見里が勝負モードに入った。インスタートの11番。ラフ、バンカーと渡り歩き、いきなりボギーとつまずいたが慌てなかった。12番(パー5)のセカンドショットをスプーンでバンカーまで運... 詳細はこちら
【選手コメント】2連覇を目指す宮里美香は4オーバーパーで辛くもクオリファイ
「マッチプレーに進めて良かった。パットが打てなくて苦労しました。第1日はアプローチ、今日はパットと課題が毎日残ります。気分を入れ替えて頑張ります」 詳細はこちら
【選手コメント】照屋冷奈はホールインワンを含む2イーグルの会心のプレーで初のマッチプレー進出を決めた
「17番ホールのホールインワンは6アイアン。ピン1メートル前に落ちたボールが真っ直ぐ入った。生涯3回目。100万円のホールインワン保険にはいっているのでお父さんにプレゼント。1ラウンド2イーグルは4回... 詳細はこちら
【選手コメント】金田久美子は予選3位で4度目のマッチープレー進出を決める
「目標の5位以内に入って日本女子オープンの出場権も獲得できた。パットの調子もいい。高校生となって初めての大会なので勝ちたい」 詳細はこちら
【選手コメント】地元から唯一のマッチプレー進出者となったのは妻木亜弓(北海学園大4年生)
「今大会の予選もかねた北海道女子アマ選手権で優勝でき、本選でクオリファイ。中学2年で初出場したときは大会がストロークプレーで決勝ラウンドに進出したが、マッチプレーになってからは初めて。マッチプレーは経... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
トップに立った有村はボギーなしの1イーグル、3バーディーの完璧な内容。
「パットが良かった。たった25パットも自己ベストなら67も自己ベスト」と明るかった。2週間前に出場したサントリーオープンで2ボ...
詳細はこちら

【最後の女子アマ出場の諸見里。2位タイと好スタート】
「アマチュア最後の試合を楽しみます」諸見里が景気良くプロ入りを宣言した。
宮里藍、横峯さくらと高校生トップアマがプロで大活躍。第3のホープとして、その去就が注目の諸見里。ひょんな所からプロ転向が早ま...
詳細はこちら
【選手コメント】史上最年少優勝記録保持者の宮里美香は、洋芝に苦戦
「初めての北海道でラフの感覚がつかめないのか、アイアンの距離感が悪くグリーンをダイレクトにオーバーするなど苦戦しています。高校1年の今年は勉強も難しく、いまは自分のゴルフをやるのが精一杯という感じ。2... 詳細はこちら
【選手コメント】伏兵の林佳世子が2位タイにつける
「いつもは79とか80のスコアなので69は貯金ができた。楽だなといった感じです。60台は試合で2回目です。先週、北海道で全日本大学対抗があり、そのまま北海道に居続けたのが良かったのか、芝になれてきた。... 詳細はこちら
【選手コメント】金田久美子はパッティングに苦戦しながら2位タイに
「パットが久しぶりに入った。アウトはダブルボギーもあってアッという間に3オーバーパー。インに入ってパットを強めに打ったら5バーディーで31。高校生になって福岡で寮生活。ゴルフ部では体力作りばかり。おか... 詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約