2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【午前スタートの20組のプレーが終了。フェービー・ヤオが通算-9で単独首位。畑岡奈紗は66で2打差に詰め寄る】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
フェービー・ヤオ
後藤未有(アマチュア)
2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権の第2ラウンドは、午前の部のスタート20組までがホールアウト。

濃霧のため30分スタートが遅れたこの日、首位のユ ソヨンと2打差の2位タイにつけていたフェービー・ヤオが2つスコアを伸ばし通算9アンダーパーで単独首位に立っている。ヤオに続いたのは、大会3連覇を狙う畑岡奈紗。畑岡は7バーディ・1ボギーの66をマーク。ユ ソヨンとともに通算7アンダーパーで2位タイと大きく順位を上げた。アマチュアでは九州女子ゴルフ選手権優勝の後藤未有が67でホールアウト。通算6アンダーパーの4位タイと健闘している。

なお、午後の部は、11時5分にスタート
畑岡奈紗
している。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

JGAナショナルオープンアプリでは、スコア速報のほか選手位置情報などリアルタイムで本選手権の情報をご覧いただけますので、下記より公式アプリをダウンロードしていただき、ご活用ください。
⬛iOSはこちら
⬛Androidはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約