2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【4パットで開き直った後藤未有が通算-5の6位タイでアマのトップを守る】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
前半の9ホールは2ボギー。アマチュアの後藤未有がスコアを崩していった。ハーフターンしての12番(パー3)では10メートルに1オンしたものの、そこから、まさかの4パットでダブルボギーにした。「一瞬、頭の中が真っ白になりました。ムカッともしました。“ようし、次のホールは、絶対にバーディをとってやる”とも思いました」。狙い通りに、このラウンドでの初バーディを決めて、ようやく落ち着いた。落ち着けたら、第3ラウンドの自分がどんな状態でプレーしていたのかを振り返る余裕も生まれた。

「いいスコアを出したいという気持ちが強すぎて、入れ込んでいました。ダブルボギーを打った後で、もうビッグスコアを出すのは難
しい状況になったことで、“スコアのことは頭から切り離して、残りはひたすら自分のゴルフをしていこう”って、考えたんです。開き直り?そういう面もあったのでしょうね。そしたら13番から3バーディを獲れて、水面直下まで浮上することができました」。
通算6アンダーパーからスタートして、第3ラウンドを終えたところで通算5アンダーパー。1打後退したとはいえ、ローアマチュア争いでは、2番手の梶谷翼に5打差をつけてトップの座を守った。本日が18歳の誕生日だった。最終ラウンドは「今日みたいに意気込み過ぎることなく、油断することもなく、冷静にプレーします」と、方針も確定させた。1日遅れで自分から自分へのバースデープレゼント。それはもう、目の前にある。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約