2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【68をマークしたマークセンは3連覇へ望みをつなぐ】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
第2ラウンドは、全ホールでプリファードライが採用された。“スルーザグリーンで芝草が短く刈ってある区域”に止まったボールは、マークして罰なしに拾い上げ、拭いてプレースできるという追加のローカルルールだ。それをスタート前に知ったマークセンは、ニッコリしていた。「第1ラウンドはフェアウェイにいったボールに泥がついていて、うまくコントロールできないホールがかなりあった。16番以外でもローカルルールが採用されれば、(第1ラウンドより)もっとバーディが取れると思う」。

その通りだった。1番からスタートして3、6、8番とバーディを奪い、後半も15、16番を連続バーディ。計5バーディ・2ボギーで第1ラウ
ンドの3オーバーパーからイーブンパーにまでスコアを戻してのホールアウトとなった。
「最終18番でドライバーショットを左ラフの深いところに打ち込んだのが気になったけど、それ以外は良い内容のゴルフだったと思う。明日は、最終ラウンドに優勝争いをできるポジションに自分を置くための大切なラウンドになる。しっかりとフェアウェイをキープしてできるだけ多くのチャンスを作っていきたい」
第1ラウンドは、3オーバーパーのスタートでおかんむりだったが、この68で通算イーブンパーに戻し、3連覇に望みをつなげたことでマークセンは、すっかり機嫌を取り戻していた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約