2018年度(第28回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
Championship Reports
競技報告
【寺西は7番のボギーに「風が読めず…流れをおかしくしてしまった」】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
「攻めないと勝てない」という気持ちが、この日の寺西明には色濃くあったのだろう。第3ラウンドを終えて、首位のマークセンと寺西とは、3打差。マークセンのゴルフの内容を考えれば、大きく崩れることはない。だから少しでも速く追いついてマークセンに揺さぶりをかけるしかない、という思いが強かったはずだ。
「今日は、出だしから行きましたけどね」というコメントは、そのことだった。雨風が強い中、1番、5番でバーディと予定通りにゲームを運んだ。ところが、7番でボギー。そして9番では、ダブルボギーを叩いてしまった。「9番は、風で読めなかったですね。左からのアゲインストだったと思います。私の持ち珠はフェードなんです。
ちょっと大きめのクラブに持ち替えたんです。いつもなら7番アイアンですが、6番アイアンにして打ったら、風に乗っちゃってのダブルボギーですわ。でも、惜しいというか、流れをおかしくしちゃったのは、7番のボギーですね。第2打は左ラフからのショット。それをグリーン手前まで運んで、そこから寄せて1メートルぐらいでしたかね。それを外してのボギーだったんです」と言った。
後半は、ずっとパープレーが続いた。そして迎えた17番で、再びボギーを叩いた。結局、通算1オーバーパーで3位タイに終わった。

「でも、シニアのメジャーで、これだけ戦えたことは素直に嬉しいですよ。楽しかったです。やはり、こういうセッティングでの戦いは、これから成長する上で、何が足りないか、どうしたらいいのかを教えられるものでもありますからね。マークセンは、最初から勝ちに来ていますよね。ですから、コースだけ見てプレーしていると思うんです。誰が、どうでてこようとコースと自分だけの戦いに最初から入ることが出来ている。確固たる自信も、もちろん持っているんでしょうね」と語る寺西の伸びしろは、まだまだたっぷりある。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約