2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
オープン競技ロゴダウンロード
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook Facebook
ROUND│4 更新 10/05 06:54
POS Player Score Today Hole Rounds Total Prize
R1 R2 R3 R4
1 勝 みなみ -14 -5 F 68 67 69 66 270 ¥ 30,000,000
2 上田 桃子 -8 -3 F 66 69 73 68 276 ¥ 14,025,000
西郷 真央 -8 ±0 F 68 67 70 71 276 ¥ 14,025,000
4 西村 優菜 -3 +4 F 70 63 73 75 281 ¥ 7,500,000
5 山内 日菜子 -2 -1 F 73 67 72 70 282 ¥ 5,775,000
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日第5日
DAY5[第5日]
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」の第4ラウンドは、唯一4日間60台をマークした勝みなみが、通算14アンダーパーで2位に6打差をつけ大会初優勝を飾った。

勝は、本大会優勝に...
詳細はこちら

【1、2番ホールのパーセーブで流れを掴んだ勝みなみ】
勝ちたい、勝ちたいと、勝みなみは、お腹の底から振り絞っていた。その思いが強ければ強いほど、逆にプレッシャーとなって思うように体が動いてくれない。雑念が、体中に巡ってしまうことが多い。最終日、第4ラウン... 詳細はこちら
【西郷真央は日本女子プロに続いてメジャー2試合続けて2位(タイ含む)】
最終日最終組での優勝狙い。1打差を追っての勝みなみとの対決前半、西郷真央は、3番、5番のパー5ホールをともにバーディとしての好勝負を展開した。勝は7番もバーディにして、西郷は2打差を追ってのサンデーバ... 詳細はこちら
【「やれるだけやった感はあるけど、また届きませんでしたね」と2位タイの上田桃子】
メジャータイトルのない上田桃子は、今回も優勝には届かなかった。「4打差はあるけど、追いつけない差ではない。最後まで諦めずに積極的なプレーをしたい」
第3日を終え、最終日に向けて上田は、そう語っていた...
詳細はこちら
【5年前よりも成長を感じられたが、悔しさも残った渋野日向子】
「勝っちゃんだけが、別のコースで戦ってるみたい」と記者会見場に現れた渋野日向子は言った。確かに渋野がホールアウトして会見場にやってきたときは、まだ最終組の勝みなみたちは、コースの中にいた。その時点で1... 詳細はこちら
【ローアマの竹田麗央は「次の日本女子オープンにはプロとして戻ってきたい」】
アマチュアでは、ただ一人のアンダーパー。通算1アンダーパーの283ストロークでローアマになった竹田麗央は、166㌢の恵まれた体からロングドライブ(平均250㍎以上)を放つ大型プレーヤーとして注目されて... 詳細はこちら
【第4ラウンド 最終組がスタート】
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」の第4ラウンドは、定刻11時52分に最終組西郷真央、勝みなみが1番ホールからスタートしました。

第4ラウンドの模様は、NHK(BS1)で1...
詳細はこちら
ページトップ
DAY4[第4日]
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」は、栃木県那須烏山市烏山城カントリークラブで第3ラウンドが開催された。昨日同様、穏やかな秋晴れの中、4327人の観客が会場に詰めかけた。

...
詳細はこちら

【2つのチップインで単独首位にたった勝みなみ】
終わってみれば、派手な幕開けと締めくくりだった。5番、508ヤード、パー5。第2打をグリーンやや左手前に運び、そこから直接カップインさせるイーグル。第2打は残り238ヤード。3番ウッドで打ち、グリーン... 詳細はこちら
【8連続パーの後ボギーが先行して切り替わったという西郷真央の気持ちとは?】
最終組で首位の西村優菜に2打差でスタートした西郷真央には、なかなかバーディがこなかった。距離的にはチャンスであっても難しいラインばかりで、狙いきれずにいたのだ。そんな中で迎えた9番パー4ホール。第2打... 詳細はこちら
【首位から陥落して3位に後退した西村優菜は第3日のプレーを淡々と振り返った】
選手たちを苦しめる烏山城上がりの2ホール。西村優菜も第3日にして、その洗礼を浴びた。17、18番と連続ボギーにしての苦しいホールアウトになってしまった。首位の座は最終ホールをチップインバーディで締めく... 詳細はこちら
【渋野日向子はノーボギーの66で通算-4で6位に浮上】
前日の第2ラウンドのスコアが、75。一晩過ごした今日、第3ラウンドのスコアが、66。まさにゴルフは、不思議なゲーム。トーナメントは、18ホールを4回繰り返し、72ホールで競われる。その起承転結にドラマ... 詳細はこちら
【最終組 西郷真央、西村優菜が定刻スタート。熱戦展開中】
栃木県那須烏山市烏山城カントリークラブで開催されている「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」は、昨日同様、穏やかな秋晴れの中、12時時点で詰めかけたギャラリーは4239人。定刻11時... 詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」第2ラウンドは、 那須烏山市烏山城カントリークラブで第2ラウンドを行った。

昨日の天候とは打って変わって、快晴微風の絶好のコンディションで...
詳細はこちら

【大爆発の西村優菜が3週連続優勝、本大会初優勝に向かって大きく前進】
第1ラウンドを1アンダーパーの30位タイでスタートした西村優菜が、台風でキャンセルになった前日を挟んでの第2ラウンドは8バーディ奪取(ボギーなし)の63と大爆発し、一気に単独トップに躍り出た。この大会... 詳細はこちら
【今日も安定したプレーで好位置をキープした上田桃子】
上田桃子のプレーは、実に安定感があった。第1ラウンドで、5アンダー、66で回り、第2ラウンドも、前半で3つのバーディを奪って首位をキープしていた。

「2日間とも、いいショットがたくさん打てていま...
詳細はこちら
【6年前の自分と比べながらのラウンドだったという勝みなみは、-7で2位グループに】
畑岡奈紗がアマチュアで優勝をさらった2016年大会。勝みなみもアマで出場していた。結果は「10いくつオーバーかで予選落ちでした。思い出したくもない大会です」。実際は12オーバーパーを叩いての大敗だった... 詳細はこちら
【日本女子アマとの2冠を狙う西郷真央は、いつも通り今できることを精一杯がんばる】
西郷真央が、日本女子アマチュア選手権に優勝したのは、わずか2年前の2019年のことである。その後、プロ転向してJLPGAの2020−2021シーズンに参戦した。すでに41試合を消化している。優勝歴は、... 詳細はこちら
【山下美夢有は、持ち前の粘り強いプレーで5位タイに浮上】
強い風雨の悪天候で第2ラウンドが中止され金曜日の午後は、ぽっかりと時間が空いた。宿舎でストレッチなどをして過ごす選手。近くの練習場でボールを打つ選手と、その空白時間の使い方はさまざまだ。山下美夢有は、... 詳細はこちら
【川崎春花が4アンダーパーでアマトップ】
6月の日本女子アマで4位タイに入っている川崎春花が4バーディ・1ボギーの68をマークしてローアマ争いのトップに立った。

大阪学院大高3年生でステディーなゴルフを身上とする。4番で3パットのボギー...
詳細はこちら
【第2ラウンド午前スタートがホールアウト。西郷真央が通算-7にスコアを伸ばす】
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」第2ラウンドは、午前スタートの組がプレーを終了。

首位に2打差の4位タイでスタートした西郷真央が4つスコアを伸ばし、通算7アンダーパーでホ...
詳細はこちら
【第2ラウンド 好天の中、熱戦展開中】
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」大会3日目。第2ラウンドは、快晴微風の好天のもと熱戦が繰り広げられてます。

午後スタートも定刻10時50分に10番ティーから第31組、10...
詳細はこちら
【第2ラウンド 定刻スタート】
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」大会3日目。昨日悪天候によるコースコンディション不良のため競技中止となった第2ラウンドは、本日定刻6時45分1番ティーから第1組、6時50分に第... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2021年(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権第2ラウンドは、2時間15分遅れの午前9時に第1組がスタートしましたが、同44分に中断し、10時06分に悪天候によるコースコンディション不良のため競技... 詳細はこちら

ページトップ
DAY1[第1日]
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」は1日、栃木県那須烏山市烏山城カントリークラブで第1ラウンドを行った。

秋晴れの中で開幕した本選手権には、2824人のギャラリーが来場し、...
詳細はこちら

【攻めと守りのゴルフがしっかりできた上田】
いつもなら試合前に、自分の中で毎週毎週「あるテーマ」を持って挑むという習慣があった。ところが、「今回はベストを尽くそうと思ってやっているので、今週はテーマを決めないで今できることに集中してという感じで... 詳細はこちら
【調整がうまくいった」と鶴岡果恋が4アンダーパーの好発進】
神奈川県生まれの21歳、鶴岡が好スタートをきった。166㌢。ドライバーの平均飛距離250㍎という飛ばし屋だが、このところ不振に陥っていた。会場である烏山城カントリークラブはジュニア時代に何度かのラウン... 詳細はこちら
【コーチにキャディーを頼んだ高橋彩華が2位タイの67をマーク】
何としても手に入れたいのが初優勝。最終日最終組でプレーしては敗戦続きの高橋彩華が、日本女子オープンでは強力助っ人をつれてきた。

奥嶋誠昭コーチが、その人で、稲見萌寧のコーチでもある。

「あ...
詳細はこちら
【原英梨花は連覇へ4位タイでスタート。同組の稲見は伸び悩むも最終ホールのバーディで第2日に繋ぐ】
ディフェンディングピオンの原英梨花は、渋野日向子、稲見萌寧との豪華ペアリングでのラウンドで久しぶりにギャラリーに囲まれてのプレーだった。「やっぱり、ギャラリーの方に応援され、励まされながらのラウンドは... 詳細はこちら
【上り2ホール連続ボギーにするも4位発進の渋野】
まさにゴールデンペアリングだ。東京五輪で銀メダリストの稲美萌音、ディフェンディングチャンピオンの原英莉花、そして渋野日向子。この日集まったギャラリー2824人(5000人以内制限)の大半が、このペアリ... 詳細はこちら
【3パットのダボあり、4連続バーディあり。植竹希望は自分のパッティングに首を傾げた。】
練習ラウンド、そしてスタート前の練習グリーン。植竹はパッティングに苦しんでいた。「タッチが合わないんです。グリーンのスピードに合わせられないというか、しっかりヒットできないというか…」

その不安...
詳細はこちら
【午前スタートの20組がホールアウト。−5で上田桃子がトップに】
2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権第1ラウンドは、快晴微風の好コンディションの中、午前スタートの20組がホールアウト。
上田桃子が、5バーディ、ノーボギーの5アンダーパー・66で回...
詳細はこちら
【日本女子オープン選手権 第1ラウンドが定刻スタート】
「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」第1ラウンドは、定刻6時45分1番ティーから第1組、6時50分に第11組が10番ティーをティーオフ。

快晴微風の絶好のコンディションの下、...
詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権が30日、栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ 二の丸・三の丸コースで開幕する。明日の第1ラウンドを控えた29日の指定練習日には、出場選手が最後... 詳細はこちら

【本会場で開催した2016年女子オープンチャンピオン 畑岡奈紗よりメッセージ】
今大会USLPGAツアー参戦中で、米国と日本の新型コロナウィルスの水際対策による隔離期間等の規制により、やむを得ず欠場となりました畑岡奈紗よりメッセージを頂きました。畑岡奈紗は、今大会会場となった20... 詳細はこちら
【日本女子アマチャンピオンの尾関彩美悠は、ナショナルチームユニフォームで上位を目指す】
ナショナルチームメンバーの尾関彩美悠は、今年のJLPGAのプロテスト受験を予定している。テストに合格すれば、幼い頃からの夢だったプロゴルファーの道を歩むことになり、ナショナルチームも今年で卒業というこ... 詳細はこちら
東京五輪 銀メダリストの稲見萌寧へ報奨金授与式が行われた。
公益財団法人日本ゴルフ協会 オリンピックゴルフ競技対策本部では、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧へ報奨金の授与式を行なった。

銀メダル獲得による報奨金の総額1200万円のうち、今回は公益財団法日本...
詳細はこちら
【第1ラウンド、第2ラウンドの組み合わせが決定】
栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ 二の丸・三の丸コースが本大会史上最多3度目の舞台となる「2021年度(第54回)日本女子オープンゴルフ選手権」の第1ラウンド、第2ラウンドの組み合わせが決定し... 詳細はこちら
選手・キャディーの皆さまへ :感染症対策について
選手・キャディーの皆様へ
本大会での感染症対策についてについてお知らせします。

■問診票の提出
  ・大会週の月曜日以降、最初に来場される日を最終日とした14日間の体温、行動記録などを申告い...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約