IGF JGA
JGA HOME

Course

コース紹介

2014年度(第29回)アイゼンハワートロフィー 世界アマチュアゴルフチーム選手権

開催コース

開催コース

軽井沢72ゴルフは、1971(昭和46)年に、日本有数のリゾート地である長野県の軽井沢に東西南北の4コース、72ホールで開場した。
毎年8月には、北コースでLPGAツアー競技が開催されるなど、ゴルフファンにも馴染み深いゴルフ場として、広く知られている。

世界アマチュアゴルフチーム選手権の舞台となるのは、入山コースと押立コースで構成される東コースの36ホール。
入山コースは自然の起伏を活かしたフェアウェイは、多彩なテクニックが必要とされるなど、軽井沢72ゴルフの中でも最も難易度が高い。
一方の押立は、入山コースと同様に自然の地形を生かしたレイアウトとなっているが、よりフラットで雄大な景観が堪能できる。

開催コース

■押立コース/7,010ヤード パー71

押立コース
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
YARDS 365 487 472 160 384 195 475 199 452 3,189
PAR 4 4 4 3 4 3 4 3 4 33
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
YARDS 434 395 207 532 413 561 343 149 787 3,821 7,010
PAR 4 4 3 5 4 5 4 3 6 38 71

※上記の距離とパーを予定。

■入山コース/7,008ヤード パー72

入山コース
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
YARDS 541 181 388 446 548 441 169 416 405 3,535
PAR 5 3 4 4 5 4 3 4 4 36
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
YARDS 371 546 220 375 166 593 375 384 443 3,473 7,008
PAR 4 5 3 4 3 5 4 4 4 36 72

※上記の距離とパーを予定。