JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技
更新 07/09 13:10 ★:シード選手
Match Round Match Player Status Player Hole
Final 32 小袋 秀人 2UP 比嘉 一貴 F
Third place 31 香妻 陣一朗 1UP 小西 健太 F
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日第5日
DAY5[第5日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」は7日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部で決勝戦36ホール・マッチプレーと3位決定戦18ホール・マッチプ... 詳細はこちら

【初優勝の小袋秀人は「このタイトルが一番の親孝行」】
36H目の18番ホール…。
比嘉一貴に1UPのままやってきた36H目の18番ホール…。
小袋秀人は、3打目をピン左手前2.5メートルにつけた、比嘉は第2打を右の深いラフにいれて3打目もグリーンに乗...
詳細はこちら
【惜敗の比嘉「朝から焦りがあった…」】
36ホールを戦い終えて、クラブハウス前のキャディ置き場にやってきた比嘉一貴は、セルフカート(父親・洋さんが帯同キャディ)のキャディバックを抱え込むように、座り込んで「あー。疲れました」と言った。
「...
詳細はこちら
【香妻陣一朗がナショナルチーム同士の対戦を制して3位入賞】
ともにナショナルチームの対戦となった3位決定戦は、香妻陣一朗(日章学園高校3年)が小西健太を1upで下した。前日から断続的に強い雨が降り続いたにもかかわらず、香妻は「昨日より、思ったよりだいぶ速かった... 詳細はこちら
【小西健太は3位決定戦に敗戦も「学ぶことが多かった」】
昨日の準決勝で19ホールまで熱戦を繰り広げたものの、比嘉に惜敗した小西健太。心身とも疲れが取れ切れていない状態で、今日の3位決定戦を迎えた。対戦相手は、JGAナショナルチームメンバーとしてともに研鑽を... 詳細はこちら
ページトップ
DAY4[第4日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」は5日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部でマッチプレー準々決勝4試合と準決勝2試合を行った。準々決勝では... 詳細はこちら

【最後の日本アマで決勝進出の小袋秀人】
午前7時30分。準々決勝で、小袋秀人は「スーパー高校生」と小袋が表現する伊藤誠道とのマッチを1upで勝ち抜いた。
敗れた伊藤誠道は、こういう。
「たぶん(このマッチを見ていた人なら)100人が10...
詳細はこちら
【比嘉一貴は「中断で冷静になれた」】
勝負の天秤は、比嘉一貴と小西健太の間を、行ったり来たり。シーソーというには、軽い響きだ。
どんよりとした空気が、まるで沈殿して動かないような気配があった。
「辛いけど、楽しかったです」と比嘉はいっ...
詳細はこちら
【中断の後、逆転負けを喫した小西は「天候ですから仕方がない」】
小西健太は、準々決勝で久志岡俊海と対戦した。18Hで決着がつかずに、19Hまで進んだ。
エキストラホールまでもつれ込んだ準々決勝の展開は、小西が2番で1upし、続く3番で久志岡が獲り、オールスクウェ...
詳細はこちら
【準決勝敗退の香妻は「悔しいというか…残念」】
ゴルフは恐ろしいスポーツだ。今日出来たことが明日も同じように出来るとは限らない。ましては、ほんの1時間前まで「完璧」だったものが、突如として「全く駄目」にもなる。

この恐ろしさを身をもって知った...
詳細はこちら
【準々決勝の敗者たち】
日本アマ優勝を目指し、熱戦が繰り広げられた準々決勝。どのマッチも対戦者それぞれの意地とプライドをぶつけ合う好試合となった。
しかし、勝負は無情で必ず敗者が生まれる。惜しくも準々決勝で姿を消した選手...
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」は5日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部でマッチプレー1回戦、2回戦を行った。注目の松山英樹は、1回戦を... 詳細はこちら

【松山を下してベスト8入りを決めた小西健太】
小西健太は、素直に喜びを表現した。
「とても嬉しいです。自分が憧れている選手の一人ですから、それがマッチプレーで、1対1で勝負できたわけですからね」
小西は、松山との勝因は「おそらく自分(のパット...
詳細はこちら
【父親と二人三脚で優勝を目指す小袋秀人がベスト8に】
不器用は、武器になる、と言ったプロゴルファーがいた。
自分の弱点を、どうしたら武器に変えることができるか、というのもゴルフゲームに大切なファクターだ。それに不器用だと思っているからこそ、それを補い、...
詳細はこちら
【伊藤誠道は憧れの先輩の伊藤涼太を下し準々決勝進出】
昨夜、一通のメールが、届いた。
「明日は、先手必勝や。前半でしっかり取っていくといい。あとは、ほどほどにやっていけばいい」というような内容だった。メールを送ったのは谷口徹だった。受け取ったのは、伊藤...
詳細はこちら
【地元出身の田中が大殊勲のベスト8】
本選手権で最も注目を集めているのは、松山英樹だが、地元出身の田中政佳にも松山に引けをとらない数のギャラリーが奈良国際ゴルフ倶楽部へ応援に駆けつけている。その田中の1回戦の相手は、ベテランの田村尚之。昨... 詳細はこちら
【香妻は目標のベスト8に「ホッとしました」】
JGAナショナルチームメンバーの香妻陣一朗は、目標だったベスト8入りを果たし、「正直、ホッとしました」と顔をほころばせた。
1回戦は小野田享也との対戦。九州アマを制した香妻と中部アマ優勝の小野田との...
詳細はこちら
【同郷対決となる小西との準々決勝に意欲を燃やす久志岡】
本選手権初出場でマッチプレー進出を果たした久志岡俊海。1回戦の相手は、荒川英二で日本アマ初出場同士のフレッシュな顔合わせとなった。このマッチは、両者互いに譲らない熱戦となり20ホールに及ぶ長い戦いの末... 詳細はこちら
【初優勝を目指していた松山はベスト16に終わる】
またもベスト16の壁を打ち破ることは出来なかった。
松山英樹は、マスターズのローアマチュア、三井住友VISA太平洋での史上3人目のアマチュア優勝、アジアアマチュア選手権の日本選手初優勝と史上初の大会...
詳細はこちら
マッチプレー1回戦がスタート
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」のマッチプレー1回戦がスタートした。
梅雨空の会場の奈良国際ゴルフ倶楽部。昨日までの36ホール・ス...
詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」は4日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部でクオリファイングラウンドの第2ラウンドを行った。メダリストに輝... 詳細はこちら

【狙っていたメダリスト獲得も富村真治は反省しきり】
「今日は、静かなプレーをしようと思っていたのですが…」
1日目に67を出して首位に躍り出た富村真治の密かな目標は「メダリスト」である。上位32名の中に残れば、マッチプレーに進出できるのだが、手堅く、...
詳細はこちら
【伏兵、小浦和也が攻めのゴルフでメダリストに】
カットラインがいくつか、どのスコアで32名に絞るプレーオフになるのか…。クラブハウス前にある小さな順位速報ボードを選手や関係者が取り囲んでざわめいていた頃。午後スタートの最終組の選手たちが、ホールアウ... 詳細はこちら
【関東アマチャンピオンの堀川未来夢が3位タイでマッチプレー進出】
堀川未来夢(日本大学2年)は、第2ラウンドで6バーディ・2ボギーの4アンダーパー68をマークして通算5アンダーパーの3位タイでマッチプレー進出を決めた。

今年は関東アマチュアゴルフ選手権に優勝し...
詳細はこちら
【この日のベストスコアタイの67をマークして3位タイの香妻陣一朗】
香妻陣一朗(日章学園高3年)は、地面をたたきつけるような激しい雨が断続的に降り続く、難しいコンディションとなった第1日の午前スタートで、パープレー72と耐え、第2日を迎えた。マッチプレー進出には「最低... 詳細はこちら
【松山英樹が入り込んだ虚空の世界】
10番ホールスタートの松山英樹は、3バーディ・1ボギーで折り返し1番ホールへ向かった。
内容的には、悪くはなかった。後半で、しっかりとプレーできれば…という気持ちがあった。
1番(パー5)で、30...
詳細はこちら
【田村尚之は「最後の優勝のチャンスかも」と悲壮な決意】
日本アマ出場選手の若年化は、年々進んでいる。つい4、5年前までの出場選手の平均年齢は、27.40(2007)歳、28.11(2008)歳だったのだが、昨年は23.80歳。今年は、23.83歳である。 ... 詳細はこちら
【伊藤誠道は4年連続4度目のマッチプレー進出】
高校2年生にして、すでに日本アマは4年連続の出場だ。
「“ベテラン”って言われちゃうんですよ」と、ニヤリと笑った。その笑顔は、紛れもない高校生だった。
1日目に2オーバーパーの74。「どうにも(プ...
詳細はこちら
【「おっさんの意地を見せたる!」田中政佳】
大学生や高校生が出場選手の大半を占める、この大会で36歳の田中政佳が奮闘している。
田中は昨年の日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技に優勝し、この試合の出場資格を得た。第1ラウンドを1アンダーパー7...
詳細はこちら
【7人から3人が勝ち抜くプレーオフ。竹内、佐藤、青木がマッチプレー進出を決める】
マッチプレーに進むために7人の選手が3人の枠をプレーオフで争った。
まず1組目で竹内輝樹、石渡和輝、佐藤大平、正野有道の4名がプレーした。1番ホール(パー5)からスタートし、決着がつくまで次のホール...
詳細はこちら
【前半スタートの23組がホールアウト。通算-6で富村が首位を堅守】
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」は4日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部でクオリファイングラウンドの2日目のプレーが行われている。強雨と... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」は3日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部で第1ラウンドを行った。午前のスタートが終了した10時過ぎに強雨... 詳細はこちら

【肉体改造が好スコアに結びついた富村真治】
日本アマに出場する10~20代の選手たちの肉体的成長度は、目を見張る。この成長期に、彼らはトレーニングや食事を工夫して、肉体を鍛えている。
富村真治(東北福祉大)もその一人だ。
身長175センチ。...
詳細はこちら
【初優勝を狙う松山英樹は2位タイに「まずまずのスタート」】
松山英樹のゴルフに、いちだんと幅ができてきた気がする。
目標は、もちろんメダリストで優勝…。そのための組み立てをしっかりと計算(読める)できるゴルフができていると思うのだ。
1番ホールからのスター...
詳細はこちら
【4連続バーディを見せた伊藤慎吾が2位タイに】
1番ホールからスタートして、2、3番といきなり連続ボギーとしたときは「あ、またかなぁ」と思ったと伊藤慎吾(大阪学院大)は言った。「いつも出だしが良くないんですよ」という。雨足が、激しさを増して来た6番... 詳細はこちら
【安全策が奏功して2位タイにつけた池村寛世】
松山英樹、伊藤慎吾らとともに首位と1打差の2位タイグループに滑り込んだのは、伏兵の池村寛世(リージェント宮崎)。しかし、池村のティーショットは荒れに荒れていた。「自分はフェードヒッターなのですが、今日... 詳細はこちら
【九州アマ4位の小浦が-3の好スコアをマーク】
今年の九州アマチュアゴルフ選手権で4位の成績を残し、2年連続で日本アマチュアゴルフ選手権出場を果たした小浦和也(宮崎国際空港)が69の3アンダーパーをマークして、6位の好スタートを切った。午前中スター... 詳細はこちら
【プレー再開直後にバーディ奪取!田村光正が70でホールアウト】
10番ホールからスタートした田村光正(東北福祉大3年)は、11番ボギー、12番バーディとスコアをイーブンパーに戻し、18番ホールの3打目を打つ前に、一時中断となった。幸いクラブハウスに近かったため、ク... 詳細はこちら
【注目の加藤陸大は+1で37位タイ】
今回の日本アマチュア選手権に、オーストラリアから二人の選手が出場している。二人ともナショナルチームの一員だ。ひとりは、Cory Crawford(コリー・クロフォード=19歳)で、もうひとりは、加藤陸... 詳細はこちら
【第1ラウンドが定刻7時にスタート】
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技」が開幕した。
暗い雲に覆われた空から今にも雨が降り始めそうな生憎の天候となったこの日、定刻7時に1...
詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー2012年度(第97回)日本アマチュアゴルフ選手権競技が3日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部で開幕する。出場選手達は明日の第1ラウンドに備え、練習ラウンドにいそ... 詳細はこちら

ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約