2018年度(第83回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【2年ぶりのV目指して好スタートを切ったブレンダン・ジョーンズ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
ブレンダン・ジョーンズが最後に優勝したのは2016年のANAオープン。以降、優勝争いは何度かしているものの、ツアー通算15勝目には届かずにいた。今シーズンも、ここまで14試合に出場してトップ10は4回。そのうち日本プロゴルフ選手権3位、日本ツアー選手権9位とメジャー大会での活躍が目立っている。そして、今大会も絶好のスタートを切った。

10番ホールからのスタートでいきなりのバーディ発進を決めると、波に乗った。12番もバーディとしたあと、14番(パー5)では、圧巻のプレーを見せた。ドライバーショットは、左ラフに転がり込んだが、そこからピンまで220ヤードの第2打を「フライヤーになることを計算
して」7番アイアンで打ち抜いた。ボールは、グリーンをとらえ、ピンそば1メートルに。イーグルパットは、カップ真ん中から決まった。さらに17、18番を連続バーディに仕上げて前半の9ホールで6アンダーパーと突っ走った。
後半は1番のバーディだけにとどまったが、ボギーなしの1イーグル・5バーディは、「ナショナルオープンのスタートとしては、これ以上にない内容」だった。「特に前半は、全ホールがバーディチャンスと言ってもいいほど完璧だった。まだ第1ラウンドとはいえ、こういうスタートを切れたということは、この先に何が待っているのかが楽しみ」。ジョーンズは、今日の結果で、早くも2年ぶりのツアー15勝目をターゲットとしてとらえているようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約