2006年度(第71回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
オープン競技ロゴダウンロード
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
ROUND│4 更新 07/21 17:22
POS Player Score Today Hole Rounds Total Prize
R1 R2 R3 R4
1 P・シーハン -7 ±0 F 68 70 68 71 277 ¥ 40,000,000
2 矢野 東 -4 ±0 F 69 74 66 71 280 ¥ 22,000,000
3 宮本 勝昌 -3 -2 F 75 71 66 69 281 ¥ 12,700,000
谷口 拓也 -3 +2 F 71 69 68 73 281 ¥ 12,700,000
5 葉 偉志 -2 -2 F 70 70 73 69 282 ¥ 6,200,000
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
 勝負の流れはスタート直後にシーハンに傾いた。最終組、1打差で追う片山は1番、いきなり3パット。2番はグリーン奥にこぼしアプローチも寄せきれず、ショートパットも外れた。さらに4番パー3、シーハンは奥3... 詳細はこちら

【2年連続でローアマチュアを獲得したW・J・リー】
 350ヤードの飛距離で、プロやギャラリーを魅了したW・J・リーは3ラウンド終了時に首位と3打差の4位につけ、「もしや赤星六郎以来のアマチュア優勝か?」と思わせたが、最終ラウンドになると2バーディー、... 詳細はこちら
【最終ラウンド、パープレーで単独2位の矢野東】
「1番でいきなりバーディーを獲れたので、“昨日のパット・フィーリングが残っていてくれた”と思ったのだが、気合が入り過ぎたのかアイアンの距離感がおかしくなった。芝生の関係かも。それでも、アプローチとパッ... 詳細はこちら
【4日間2万人を超えるギャラリーが観戦に】
秋晴れの天候に恵まれた4日間、霞ヶ関CCに詰め掛けたギャラリー数は延べ20,916人で、昨年の廣野GC大会を5,000人余上まわったものの、1995年に霞ヶ関CC・東コースで行われた第60回大会(優勝... 詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
 前日まで、通算138(68・70)ストロークの4アンダーパー5位タイにいたP・シーハンが第3ラウンドになって一気に浮上して来た。最終組の3組前、この日パープレーだった岩田寛とのペアリングでスタートし... 詳細はこちら

【粘りのゴルフで片山、2連覇へ一歩前進】
 「ナイスゲーム。こんな良いゲームが僕もできるようになった」ホールアウト後、片山は自画自賛を惜しまなかった。苦しい内容の1日だった。
 アウトの2つのパー3でボギーが先行する苦しい展開。4番は4番ア...
詳細はこちら
【昨年4位の谷口拓也が68をマークし3位に】
 「今季初登場」とインタビュールームに笑顔で飛び込んできた谷口拓也。8番で134ヤードを9アイアンで直接放り込むイーグルで波に乗ると3アンダーパー68。通算5アンダーパーで一気に優勝圏内だ。2004年... 詳細はこちら
【1オーバー72と足踏みした豪打者、W・J・リー】
第2ラウンドまで、350ヤードのドライバーショットで並み居るプロを圧倒したリーが試合後、いきなり言った。「ノット・カンファタブル!」と。この日のドライバーショットが左に曲がり、心地よくなかったと言うの... 詳細はこちら
【66のベスト・スコアで4位タイに浮上の矢野東】
「すごいですねぇ! 今日はパッティングのフィーリングが良くて、チャンスはすべて入るような気持ちがした。昨日まで、ラフ入りを避けて、ティショットで刻むゴルフだったが、今日はそれをやめた。17番ホールなど... 詳細はこちら
【連続3バーディーで発進しながら、イーブンパー。4位タイの岩田寛】
「3番ホールまでの連続バーディーはショットが良かったから。4番から最終ホールまでは、一杯一杯でした。原因は心理的なこと。他人のせいには出来ませんから。まあ、オーバーパーにならずに済んで良かった。明日は... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
 「チャンスをものに出来ている。今日はピンの位置が難しいなか、集中してプレーできた」片山が早くもトップに立った。昨年は最終ラウンド、4打差8位から68をマークして、一気の逆転勝ちで存在感を見せたが、今... 詳細はこちら

【昨年のローアマチュア。リーが2位タイに】
北北東の風2メートル、気温22度の快晴微風に恵まれた2日目、“韓流ブーム”の波が日本一のプレーヤーを決めるナショナル・オープンにも押し寄せている。
 韓国に生まれ、父親の豪州移住で今や豪州ナショナル...
詳細はこちら
【日本アマ2連覇の金もリーと並び2位タイ】
 “韓流ブーム”の主役にはもうひとり、金庚泰(キム・キョンテ)がいる。この日、W・J・リーの3組前、片山晋呉・近藤智弘とのペアリングでラウンドしたキムが4バーディー・1ボギーの68で回り、トータル5ア... 詳細はこちら
【首位スタートから1打差の2位に後退したJ・M・シン】
「今日はボギーを(5ボギー・1ダブルボギー)たくさん叩いてしまった。体調(食あたりの下痢)も良くなったが、体にエネルギーが感じられず、集中出来なかった。昨日は病院へ行って薬をもらい、後は水分を摂って休... 詳細はこちら
【首位と2打差の5位につける平塚哲二】
「全体的に長いクラブ、ドライバーやロングアイアンが当たらないので、ボロボロのゴルフだった。それでも、この成績(4アンダーパー)だから、思ったほど悪くないのかも。上位にいるアマチュア選手にはあと2日間で... 詳細はこちら
【星野英正、65のコースレコードで優勝争いへ】
星野英正は65のコースレコードで急上昇した。「アレルギーで頭痛が出て体調はよくない」と出だしは3パットのボギーながら2番から4連続バーディー、インも3バーディーを積み重ねた。先週のコカコーラ東海クラシ... 詳細はこちら
【岩田寛は元東北福祉大の補欠選手】
賞金ランク84位、日本オープン2度目出場の岩田寛が4アンダーパー5位タイの好位置。「中学までは野球とスケボー、ゴルフは高校で。東北福祉大に進んだが、これといった戦績はありません」今季ようやくツアーに出... 詳細はこちら
【後半に4連続の5バーディー、67をマークして9位タイに浮上の谷口徹】
「昨日よりパットが入り出したのは、ハンドアップした構えをしてチャンスを外し、元に戻したら12番で(バーディーパットが)入り、13番では長いパットも入り、そうなると気分が良くなって(5バーディー)達成。... 詳細はこちら
【大会を支えるボランティア】
大会は第2日を終了、出場選手は持ちうる技量のすべてを発揮し白熱したプレーを見せているが、大会を陰で支えているのがボランティアの皆さん。
本選手権には、霞ヶ関CCの会員の方々など4日間で延べ一千名がボ...
詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
 インド出身のシンは、今年34歳。日本オープン3度目の出場で7バーディー・1ボギーの65で初の首位スタート。
 インスタートの10番(パー5)でバーディー。11番はボギーだったが、14番から3連続バ...
詳細はこちら

【2連覇へ。片山晋呉が2位と好位置につける】
 片山は2連覇を狙って第1ラウンドを4アンダーパー、2位。「最高。良い滑り出しができて満足」と胸を張った。「滑り出しは大事。“調子がいい”と自信、確信をもってやっている。これをあと3日間続けていきたい... 詳細はこちら
【日韓豪のローアマチュア争い】
 19人の出場となったアマチュア選手の中で、第1ラウンドのペアリングで注目を集めたのは昨年ローアマチュアに輝いたW・J・リー(Won Joon Lee)。小山内護、川岸良兼というプロ界でも飛ばし屋とし... 詳細はこちら
【イーグル・スタートで3アンダー、3位タイの真野佳晃】
「いきなりのイーグル(10番、パー5で残り250ヤードを5番ウッドでピン左10メートルへつけ、1パット)で、難コースなのに楽にゴルフが出来ました。後半もチップインバーディー(4番、パー3)がありました... 詳細はこちら
【WGCアメックス選手権から帰った平塚哲二が3アンダーパー】
「天気が悪く、風の強い英国のコースで、ある程度のゴルフが出来た遠征から帰国して、ほとんどクラブを握らずに過ごした。今日はティショットでドライバーを半分も使わず。使ったホールがラフへ行って、ボギーになっ... 詳細はこちら
【先行組の平塚選手を意識して2アンダーパー、6位タイの矢野東】
「練習日に平塚さんと2人でラウンドして、ボロボロだったので、平塚さんが“ハーフで止めようと”と言うのを引っ張って18ホール回った。どうしたら第3ラウンドに進出できるか?と2人で話していたのに、前後のペ... 詳細はこちら
第1ラウンド 定刻7:00スタート
日本オープン 第1ラウンド 第1組が定刻7:00スタートした。
本大会には、アマチュア19名、プロ101名の合計120名が出場。大会連覇を狙う片山晋呉は、金庚泰(アマチュア)、近藤智弘と第25組(1...
詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
1999、2000年大会の尾崎直道以来6人目となる大会連覇を目指す片山晋呉。昨年大会を制して「『日本オープン優勝者の重み』を感じている」と、ことある毎に語っている。先週のメディア・デーでは「日本オープ... 詳細はこちら

【全英オープン5位の谷原「日本オープンは誰もが欲しいタイトル。勝つ準備は整ってきている」】
7月の全英オープンゴルフ選手権で5位タイ、日本ツアーでは今季2勝を挙げ、賞金ランキング2位と好調な谷原秀人が公式会見に臨んだ。全米プロゴルフ選手権に出場した際に痛めた背中は、「フィニッシュを取るときに... 詳細はこちら
日本オープン メディア・デーを開催
来週10月12日(木)から15日(日)までの4日間、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コースで開催される「2006年度(第71回)日本オープンゴルフ選手権競技」。開幕まで1週間に迫った4日、ディフェン... 詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約