JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳~17歳の部
ROUND│3 更新 06/08 10:07 ★:シード選手
POS Player   Score Today Hole Rounds Total
R1 R2 R3
1 蛭田 みな美 学校法人石川高等学校 3年 -14 -5 F 68 69 68 205
2 稲見 萌寧 日本ウェルネス高等学校 1年 -7 -1 F 69 71 72 212
3 勝 みなみ 鹿児島高等学校 2年 -6 -3 F 73 70 70 213
松原 由美 大阪学院大学高等学校 2年 -6 -2 F 74 68 71 213
5 新垣 比菜 興南高等学校 2年 -5 -2 F 68 75 71 214
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日
DAY3[第3日]
JOCジュニアオリンピックカップ2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部は21日、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コースで最終ラウンドを行った。

通算9アンダーパー...
詳細はこちら

【蛭田みな美が圧巻の記録更新と本選手権初優勝】
独走だった。圧勝だった。第1ラウンドのトップタイから一度も首位の座を明け渡すことなく蛭田みな美(学法石川高校3年)が完全優勝を果たした。2位に3打差をつけてスタートした最終ラウンドも、前半の9ホールを... 詳細はこちら
【稲見萌寧は2位の結果に「上出来です」】
優勝した蛭田みな美(学法石川高校3年)と同じ最終組でのラウンドとなった稲見萌寧(日本ウェルネス高校1年)。3打差でのスタートは、終わってみれば7打差にまで広がっていた。

「2位で悔しい? いえ、...
詳細はこちら
【蛭田のライバル勝みなみと松原由美は3位タイに終わる】
宮里美香(2006、2007年大会)以来の大会連覇を狙った勝みなみ(鹿児島高校2年)だったが、最終ラウンドも「大爆発する自分に期待したい」の思いと裏腹に3アンダーパー70止まりで松原由美(大阪学院大学... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
JOCジュニアオリンピックカップ2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部は20日、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コースで第2ラウンドを行った。朝からの雨も上がり、夏の日... 詳細はこちら

【蛭田みな美は記録更新&初優勝に着々と前進】
蛭田みな美(学法石川高校3年)の本選手権前に立てた目標は「優勝と堀琴音さんの優勝スコア(2013年大会=13アンダーパー)更新」
第1ラウンドが5アンダーパーの68。そして第2ラウンドは4アンダーパ...
詳細はこちら
【練習の虫・稲見萌寧が3打差の2位】
「超耐えましたぁ!」これが、稲見萌寧(日本ウェルネス高校1年)の第一声だった。スタートの1番(パー4)を3オン1パットのパーでしのいだ稲見は2、3番と連続バーディで波に乗るかと思われたが、この後ショッ... 詳細はこちら
【「今年は大爆発していないから、最終日の自分に期待したい」と勝みなみ】
連覇のかかる勝みなみ(鹿児島高校2年)が、じわりと浮上した。第2ラウンドは3アンダーパーの70をマークして通算でも3アンダーパーの7位タイに。首位の蛭田には6打差と大きく水を開けられたが、それでも諦め... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
JOCジュニアオリンピックカップ2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部は19日、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コースで第1ラウンドを行った。

日本女子アマチュア...
詳細はこちら

【「堀琴音さんの記録を更新したい」とトップタイの蛭田みな美】
昨年の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技の覇者である蛭田みな美(学法石川高校3年)がもうひとつの日本タイトル奪取に向かって好スタートを切った。高校3年生。日本ジュニアゴルフ選手権競技には、これが最後の... 詳細はこちら
【首位タイの新垣は「日本ジュニアは一番獲りたいタイトル」と意気込む】
【首位タイの新垣は「日本ジュニアは一番獲りたいタイトル」と意気込む】
甲子園の仇を東京オリンピックの舞台となる霞ヶ関CCで返す。新垣比菜(興南高校2年)は、夏の甲子園に出場した母校・興南高校の試合を...
詳細はこちら
【最終9番ホールでの4パットが悔やまれる稲見萌寧は1打差の3位】
今年の日本女子アマでメダリストに輝いたのが稲見萌寧(日本ウェルネス高校1年)。その後も連日午前10時から夜8時までの練習を続け、好調を維持している。午前中はショット練習、昼食をはさんで午後は9ホールの... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
JOCジュニアオリンピックカップ2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部が明日、開幕する。本部門の舞台は2020年東京五輪出場も期待される女子ジュニアの精鋭が3日間54ホー... 詳細はこちら

ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約