2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
オープン競技ロゴダウンロード
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
ROUND│4 更新 10/07 18:24
POS Player Score Today Hole Rounds Total Prize
R1 R2 R3 R4
1 プラヤド マークセン -12 -5 F 68 71 70 67 276 ¥ 16,000,000
2 鈴木 亨 -9 -2 F 72 69 68 70 279 ¥ 8,800,000
3 盧 建順 -1 +3 F 69 73 70 75 287 ¥ 6,160,000
4 渡辺 司 ±0 +2 F 74 66 74 74 288 ¥ 3,680,000
ピーター ファウラー ±0 +4 F 66 74 72 76 288 ¥ 3,680,000
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権は18日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで最終ラウンドを行った。断続的な小雨の中、通算7アンダーパーの首位タイに並び... 詳細はこちら

【ルーキー対決を制したマークセンが初出場初優勝を果たす】
まるで二人だけの世界でのマッチプレーのような展開が繰り広げられた。最終組の直接対決となったプラヤド・マークセンと鈴木亨。フロントナインは、ともに4バーディで通算11アンダーパーとスコアを伸ばし合い、こ... 詳細はこちら
【熱戦の末に2位に終わった鈴木は、「12番と14番がキーポイントだった」】
「悔しい!」という言葉が、真っ先に出た。「勝ちたかった!」と次の言葉が出る。もちろん、敗れた鈴木亨が、発した言葉である。
ホールアウトして、スコアカード提出を終えると、まず家族のところに行き、応援の...
詳細はこちら
【小雨の中、最終組がティーオフ】
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権の最終ラウンドは、千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで進められている。11時46分に、通算7アンダーパーで首位タイに並ぶ... 詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権は17日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで第3ラウンドを行った。秋晴れの中スタートしたムービングデー。27.5度まで... 詳細はこちら

【息子をキャディにした鈴木亨がトップに並ぶ】
この日ベストスコアタイの68とスコアを伸ばした鈴木亨がトップのマークセンに並んだ。「前半は安定したプレー(2バーディ)ができていたけど、後半は難しいし、神経を使わせられるので、1打ずつ必死になる。神経... 詳細はこちら
【マークセンは鈴木亨との最終組に「楽しみだよ」と不敵な笑み】
通算7アンダーパーで鈴木亨と並んで首位に立ったプラヤド・マークセン。実は、年齢も同じで、レギュラーツアーでも何度か一緒にプレーしたことがある。「学年は、マークセンのほうが1年上なんですけどね。やっぱり... 詳細はこちら
【3位タイに浮上の盧は「アメリカに似ているこのコースセッティングは好き」】
出だし3ホール連続バーディでスタートして一気に通算5アンダーパーまで伸ばした盧健順は、以前、米国のチャンピオンズツアーに6年間参戦していた経験がある。「もうしんどいからね(笑)。食事とか時差とか、長い... 詳細はこちら
【単独5位に踏みとどまった秋葉は、「明日はやるしかない」】
「どうも我慢しきれないんですよねぇ。というか、後半が、ホントに難しい!」と、大きなため息をついたのは、通算4アンダーパーでスタートした秋葉真一だった。秋葉に限らず、選手たちが口を揃えて「後半は、難しい... 詳細はこちら
【ファウラーも、ミノザも、室田も、崎山も…魔の14番でワナにはまる】
第3ラウンドは、14番ホールが魔のホールとなった。最初にこのホールのワナにはまったのが崎山武志だった。ティーショットを左OBに打ち込んでトリプルボギー。ここまで9番バーディで上昇の流れにのっていたのに... 詳細はこちら
【ムービングデーの最終組がスタート】
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権の第3ラウンド。通算5アンダーパーで単独首位に立つプラヤド・マークセンと1打差2位タイグループの2009年大会チャンピオンの渡辺司の最終組が定刻1... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権は16日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで第2ラウンドを行った。薄曇りの中でのプレーとなったこの日、プラヤド・マーク... 詳細はこちら

【単独トップのマークセンは「この位置にいられるのはラッキー」】
最終ホールをバーディで締めくくり、通算5アンダーパーの単独トップでホールアウトしたマークセンだったが、第2ラウンドのゴルフの内容には納得のいかない様子だった。3バーディ・2ボギーの71。

「今日...
詳細はこちら
【ベストスコアの66で2位タイに浮上した渡辺司は「100%運です」】
ボギーなしの6バーディ66。通算4アンダーパーで一気に上位に浮上したのが渡辺司。2009年大会のチャンピオンで2014年大会2位、2015年大会3位と優勝争いに絡んでいる。10番からスタートして14番... 詳細はこちら
【ジャンボ軍団の飛ばし屋・小溝高夫が2位タイグループ入り】
191センチで100キロを超える巨漢。真っ黒に日焼けした“強面”の小溝高夫。実際は、体育会系の礼儀正しさと、優しさを併せ持つ好漢である。日本シニアオープンの舞台になっている習志野CCは、小溝にとって研... 詳細はこちら
【秋葉真一は「忍耐強く、逃げずにやりたい」と初の日本タイトルに意欲を燃やす】
第1ラウンドで、首位のピーター ファウラーと2打差の2位タイ、第2ラウンドの今日、首位のプラヤド・マークセンと1打差の2位タイ。同じ通算4アンダーパーの2位グループには、渡辺司、小溝高夫、室田淳、そし... 詳細はこちら
【新たな闘志を胸に室田が2位タイに浮上】
「今日は、丁寧にプレーすることを心がけました」と室田は、語った。3バーディ・ノーボギー。69のスコアだった。丁寧に、という言葉の裏には、実は、忍耐力、判断力、技量、そして押し引きの機微など、複雑なゴル... 詳細はこちら
【通算-3で7位に浮上した鈴木亨は、「昨日の奇跡のパープレーがつながった」】
「いやー、ホッとしました。昨日(第1ラウンド)は、まったく操縦不能だったんですよ」と鈴木亨は、ホールアウトするなり、インタビューでの開口一番が、その言葉だった。操縦不能とは、ショットが定まらず思うよう... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権は15日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで第1ラウンドを行った。昨夜からの雨が強まり、午前のスタートが1時間、午後の... 詳細はこちら

【66の好スコアでピーター・ファウラーが飛び出す】
第1ラウンドに飛び出したのは、欧州シニアツアーを主戦場にするピーター・ファウラーだ。昨年の欧州シニアツアーでは2勝を挙げ、賞金ランキング2位と大活躍した。今年も好調さを維持している。優勝こそないが、ス... 詳細はこちら
【昨年大会惜敗の米山がリベンジに向けて好スタート】
シニアルーキーの昨年、優勝こそ逃しているものの賞金ランキング4位と大活躍した米山剛。ベスト10入り、7回。2位2回。その1回が、昨年の本大会だった。平石武則との一騎打ち。最終ホールでの壮絶な戦いで、最... 詳細はこちら
【シニアルーキーのプラヤド・マークセンがツアー3勝目に好位置確保】
1月に50歳の誕生日を迎えたマークセンにとって、シニアツアーは今シーズンがルーキーイヤーになる。といっても、同ツアーに専念しているわけではない。日本のレギュラーツアーに加え、アジアンツアーにも参戦して... 詳細はこちら
【崎山のアドバイスで立ち直った秋葉真一が-4で2位タイ】
ボギーなしの4バーディ。68でホールアウトした秋葉真一は「夢みたい。会心のラウンドでした」と第1ラウンドのプレーを振り返った。“夢みたい”というのは、練習ラウンドでの大叩きがあったからだ。「ドライバー... 詳細はこちら
【第1ラウンドは雨の影響で1時間遅れでスタート】
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権の第1ラウンドがスタートした。会場の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースは昨夜半からの雨が強まり、スタートを1時間遅らせて、第1組が1番... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権が15日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで開幕する。
例年の10月末から開催日程が9月に変更となった本選手権には、...
詳細はこちら

【チャンピオンズ・ディナーを開催】
公益財団法人日本ゴルフ協会は、ナショナルオープンを制せられた歴代優勝者の栄誉と、日本ゴルフ界の発展に貢献されてきた功績を末永く称えるために、歴代優勝者の皆様をナショナルオープンの会場にお招きして、「チ... 詳細はこちら
【使用ホールについて】
本年度の大会は習志野カントリークラブ キング・クィーンコース(36ホール)から18ホールをピックアップして使用します。
使用ホールとヤーデージ、パーはこちら(PDF)からご確認願います。
詳細はこちら
【第1ラウンド・第2ラウンド組合せが決定】
9月15日(木)に千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで開幕する2016年度(第26回)日本シニアオープンゴルフ選手権。開幕を2日後に控えた13日、第1ラウンド・第2ラウンドの... 詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約